今どきのゴルフ事情

練習は練習場で

何をするにも練習は必要です。
特に芸術やスポーツは練習をしないといけません。
ゴルフも同じで一般の人以上に練習は必要となります。
ゴルフは大人になってから始める人もいますが、プロを目指すのなら子供の時から始めた方が良いです。
しかし、大半の人はプロを目指さないで楽しみで行っています。
練習場で練習をすれば打ちっぱなしで練習が出来ます。
打ちっぱなしで練習が出来ますが、時間の制限はあります。
時間制限がありますから好きなだけボールを打つという事は出来ません。
好きなだけボールを打つという事は出来ませんが、玉数の制限内だったら誰にも邪魔されずにボールを打つ事が出来ます。
練習場はゴルフ場と比べるとだいぶ狭いですから、ゴルフ場で練習をするのに慣れている人は大変ですが、初めてやる人にとっては練習場の方が良いです。
スポーツは何でもそうですが、練習をしないと上手になれません。
プロのなるわけではないから上手になる必要はないと思いがちですが、楽しむためにやるとしても上手ではなかったらあまり面白くありません。
楽しむためにはある程度はできた方が良いです。
楽しむためにする一般の人でも出来た方が楽しいですし、出来ないとストレスがたまるだけです。
スポーツはストレス解消としてする人もいますから、ほとんど出来ないスポーツをしても解消するどころか、逆にストレスが溜まってしまいます。
ストレスが溜まらないためには少しでも出来るようにする必要があります。
そのためには練習するしかありません。
普通にゴルフを楽しんでいる人でも練習をしている人はたくさんいます。
楽しくするという事がスポーツの醍醐味でもありますから、練習をして上手になって楽しくプレイしたいと思っている人はたくさんいます。
練習場の場合は誰にも邪魔されず、自分一人で打ちっぱなしが出来ますから上達するのも早いです。
上達するのも早いですが、逆に諦めるのも早くなります。
一緒にプレイしている人が誰もいないとまったく上達しなかったら、すぐにあきらめてしまうという人もいます。
でも、一緒にプレイしている人がいるとがんばろうという気になります。
一人で練習をするよりも一緒にプレイをしている人がおる方が頑張ろうという気持ちにもなりますし、楽しくもあります。
しかし、本当の楽しさは好きなスポーツが上手になってからです。
上手にならないと見るのは好きでも、するのはちょっとという気持ちになってしまいます。
練習場で練習をして上手になった自分を人に見せる事がとてもうれしい事です。

Copyright (C)2017今どきのゴルフ事情.All rights reserved.