今どきのゴルフ事情

一番の飛距離

スポーツにはいろいろなスポーツがあります。
道具を使うスポーツもあれば、道具を使わないスポーツもあります。
ゴルフはたくさんあるスポーツの中でも特にたくさんのクラブを必要とします。
しかし、趣味でする人はクラブをたくさん揃えるとなると、費用がだいぶ掛かりますからほとんどの人はすべてのクラブを揃える事はしません。
ほとんどの人はクラブを全部そろえる事はしません。
しかし、バターとドライバーだけは誰もが持っています。
バターはバットをする時にはとても大事です。
バットがなかったら普通のクラブでバットをしなくてはなりません。
ゴルフをする人でバットを持っていない人はいません。
アイアンも誰もが持っています。
しかし、全部のクラブを揃えている人はほとんどいません。
ゴルフのクラブはすべてを揃えると多額の費用が掛かります。
ほとんどの場合、家族に反対されます。
全部のクラブを揃える事がほとんどなくても、ドライバーを持っていない人はいません。
たくさんあるクラブの中でもドライバーが一番好きという人は多いです。
何よりもドライバーは全クラブの中でも一番飛距離があるクラブです。
ゴルフの醍醐味というと遠くに飛ばす事です。
どのぐらい飛んで行くのかの楽しみがあります。
プロでも遠くに飛ばすのが楽しいという人はたくさんいます。
一般の人でもプロと同じように遠くに飛ばす事を楽しみにしている人はたくさんいます。
ドライバーは遠くに飛ばす楽しみを教えてくれるクラブです。
ドライバー以外ではそんな楽しみを教えてくれるクラブはありません。
しかし、ドライバーで注意する事は飛ばしすぎない事です。
プロの試合でもそうですが、同じコースでプレイしているのは自分たちのグループだけではありません。
前のグループが遅れていたら、同じホールになる場合もあります。
同じホールになって、ドライバーで打って飛ばし過ぎて前のグループの所に飛んで行く場合もあります。
他のグループの所にボールが飛び込んで行ったら、謝るのが礼儀です。
自分たちのグループの所にボールが飛び込んで来ても、後ろのグループに謝ってもらえます。
ボールが飛び込むというのは危険な行為でもありますから、謝るのは当然の事です。
ドライバーはあまり力を入れて打たなくても、飛ばす力がある人が打てば飛んでいきます。
遠くまで飛んでいくからこそ、同じホールにまわっている人がいたら少し休む事も考えた方が良いです。
休むと前のグループもボールが飛んできませんから安心できますし、自分たちも休めますから一石二鳥という事になります。

Copyright (C)2017今どきのゴルフ事情.All rights reserved.