今どきのゴルフ事情

ゴルフクラブで練習

昔は河原などでゴルフを行なっていた人は多かったですが、最近は危ないから河原などでやっている人はほとんど見かけなくなりました。
野球やサッカーなどのスポーツも河原や公園などでやっている人は見かけなくなりました。
練習する場所がありませんから、ほとんどの人は家の庭でスイングの練習をしたり、町にあるゴルフ練習場にボールを打つ練習をしに行ったりしています。
野球のパッティングセンターもそうですが、ボールを打つスポーツは打ちっぱなしでボールを打てるという事は楽しい事です。
そのスポーツが好きな人は全体を通して好きですが、ボールを打つ時が一番好きという人が多いです。
ゴルフ場というとだいたいが郊外になります。
町中にある場合もありますが、郊外がほとんどです。
郊外にありますし、だいたい会員制ですから、少し練習してみようと思っても気軽にはいけません。
気軽に行けないから、ゴルフの練習が出来ないというわけではありません。
ゴルフ場で気軽に練習をする事は出来ませんが、町にあるゴルフクラブや練習場などで練習をする事が出来ます。
玉数や時間の制限はありますが、だいたい打ちっぱなしで練習が出来ます。
他の人が打たないで自分だけが打ちっぱなしで出来るというのは気持ちが良いです。
河川敷などで練習をしていた人が多かったのが、最近では各自治体の規制が厳しく、それに安全のために河川敷でゴルフや野球などのボールを使うスポーツを禁じている所は多いです。
昔のスポーツクラブというと様々なスポーツが一緒になったクラブが多かったです。
しかし、今のスポーツクラブは少し違います。
確かにいろいろなスポーツがあるスポーツクラブも多数ありますが、個々のスポーツだけを取り上げているスポーツクラブもたくさんあります。
その一つがスイミングスクールであり、体操クラブでもあります。
その他にもテニスクラブやサッカークラブなどスポーツクラブにもいろいろあります。
いろいろあるクラブの中でもゴルフクラブは一番お金が掛かるクラブでもあります。
一番お金が掛かるクラブでもありますが、一番年齢の幅が広いクラブでもあります。
最近は健康のためなどからスイミングスクールに通う高齢者が増えて行っています。
水泳をする高齢者は増えていますが、ゴルフをする高齢者は水泳をする高齢者よりもはるかに多くの人がやっています。
サッカーの場合は小さい子供でもやっている人は多いですが、高齢者はほとんどしません。
サッカーは走り回れる体力を必要としますから、高齢者には難しい物があります。
その点、ゴルフは歩いての移動ですから高齢者でも安心してプレイできます。

Copyright (C)2017今どきのゴルフ事情.All rights reserved.