今どきのゴルフ事情

キャディーのいろいろ

キャディーにはいろいろあります。
ゴルフ場と契約をしているキャディーはたくさんいますが、個人間で契約をしているキャディーもいます。
それに身うちがキャディーを行なっている場合もあります。
しかし、一般の人はだいたいゴルフ場と契約をしているキャディーを付けます。
キャディーをするにはルールが分かっていないといけませんから、個人でキャディーを付けるにはルールが分かる人を連れてこなければなりません。
おおまかなルールは分かる人がいても細かいルールまで分かる人はほとんどいません。
ゴルフのルールは分かりやすい所も多いですが、分かりにくい所もたくさんあります。
一般の人でもゴルフをしている人はルールが分かっていると思いがちですが、ルールがほとんど分からない人もなかにはいます。
ルールが分からないから、キャディーの力が重要になってきます。
キャディーを家族がするとキャディーに支払う費用は掛かりません。
しかし、高スコアをあげるためにはキャディーの力も必要です。
プロでもキャディーの力が必要となる時もあります。
キャディーはゴルフの事が分かっているのはもちろんですが、自分をフォローしてくれるかも重要です。
しかし、一般の人はキャディー選びを必要以上に神経質になる事はありません。
楽しんでやる事に意味があるのですから、自分が楽しめるキャディーを選ぶのが大事です。
同じキャディーを選ぶのでも知識はあっても常に怒ってばかりのキャディーよりは知識はあまりなくても笑顔を絶やさないキャディーの方が楽しくプレイできます。
プロは勝負の世界ですから、知識があるキャディーを選んだ方が良いでしょうが、一般の人は楽しんでするわけですから楽しくプレイが出来る事を念頭に置いてキャディーは選んだ方が良いです。
各ゴルフ場にはキャディーが何人かいます。
キャディーはただで借りられるわけではありません。
キャディーは各ゴルフ場に所属をしているわけですから、ゴルフ場から給料が支払われています。
給料が支払われるわけですから、無料でキャディーを雇えるわけはありません。
昔もキャディーの力はとても重要でしたが、最近は前よりもキャディーの力が重要になってきています。
キャディーになるのも簡単になれるわけではありません。
今はルールなどがちゃんと分かっていないとキャディーは勤まりません。
でも、楽しむ分には自分の身内をキャディーに置いた方が思う存分楽しめます。
キャディーも昔みたいに中年の人が多いというわけではありません。
最近のキャディーは若い人も多いですから、キャディー見たさにゴルフ場に通う人も少なくありません。
キャディーの年齢層は昔に比べても広くなりました。

Copyright (C)2017今どきのゴルフ事情.All rights reserved.