今どきのゴルフ事情

休日に楽しむ

スポーツを楽しむ人はたくさんいます。
しかし、平日はなかなかスポーツをする事が出来ません。
ほとんどの人は休日にスポーツをします。
ゴルフ場も平日より、日曜日に来る人が多いです。
日曜日は大抵の会社が休日ですから、楽しむのはだいたい日曜日しかありません。
通常は日曜日しか休めませんから、日曜日を利用してゴルフ場に行く人はたくさんいます。
昔はお父さんが自分だけで日曜日などの休みにゴルフ場に行くという事が多かったです。
しかし、最近はお父さんだけではなくて、子供を連れて行く人も増えてきました。
子供を連れてといっても付き添いで連れて行くというのではなくて、子供にプレイをさせるお父さんが増えてきました。
最近は小さい時から子供にゴルフをさせる親もいますが、ゴルフの良い所は高齢になっても出来る事です。
実際、プロでも50代、60代になっても活躍している人はたくさんいます。
他のスポーツでも高齢で活躍している選手がいるスポーツもありますが、だいたい若い時に引退をするスポーツが多いです。
ゴルフはプロでも長くプレイ出来るスポーツですから、普通に趣味として楽しむ分には歩けるのなら高齢になっても出来るスポーツです。
高齢者なら平日でも出来ると思いがちですが、最近は平日でも働いている高齢者はたくさんいます。
高齢化社会になっているあかしなのか、定年を迎えた人でも再就職をする人が昔よりも多くなっています。
働けるまで働くという人が最近は増えてきました。
働けなくなる時まで働くというわけですから健康でなくてはなりません。
ほとんどの高齢者は健康に気を使っています。
ゴルフを楽しむのも健康に気を使う一つの証でもあります。
足が不自由な人がゴルフをしても歩けるようになるわけはありません。
逆に足を今よりも悪くしかねません。
しかし、健康な人の場合はスポーツをすると健康を維持できる場合が多々あります。
健康な人は健康を維持するのがとても大切な事です。
でも、健康の事を考えるにプレイするのが理想です。
水泳とか、エアロビクスなどは健康の事やダイエットの事を考えてやっても楽しめますが、ゴルフの場合は露骨に健康の事を考えてしまうと楽しめません。
健康の事を考えるのは良いですが、必要以上に考えない方がより楽しめます。
休日に友人や知人と楽しむ、それに家族と楽しむなどいろいろな楽しみ方はありますが、平日の方が人は少ないですが、より楽しむのなら休日の方が良いです。

Copyright (C)2017今どきのゴルフ事情.All rights reserved.